FF99冒険記

FF99(FINAL FANTASY 99)冒険記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF99冒険記(32) 「 THE END 」

前回までのあらすじ:ついに諸悪の根源を討ち滅ぼしたとまとたち! そして……

太陽が!

永遠の闇に閉ざされていたダークガイアの地に太陽が!

というわけでついに感動のエンディングですよ。
エンディングを迎えるにあたってけっきょく紹介し忘れたままなモンスターが何体かいることに気づきましたが、気にせずエンディングを迎えることにします。

あなたさまこそ真の勇者です!

町の人からの感謝コメント。
ええと、ナイトですホントは。

子供はクラうドと名づけました

ニブルヘイムにいる子供の名前を考えていた武器屋さん。「クラド」と名づけたそうです。
って、「う」がひらがなだ! まぁいいか。

強い男の子に育ってほしいものです

関係ないね。

クエックエーッ!

喜ぶチョコボ。なんかカワイイ。

レスター君

城塞都市エスタより。家に帰ることにしたレスター君。よし、帰れ。

なにやらまぶしいなあ……

いや起きろよ。

ゾーマが滅び、別の世界に通じていた空間の穴は閉じられたようです

トラビアより。どうやらゾーマ(じゃないけど)が滅んだことで空間の穴が閉じられてしまったらしいです。
つーかなんだよ、「空間の穴」って。

ダークガイアはひかりあふれる世界として歩み始めたのです

ひかりあふれる世界! ダークガイアなのに!!!

この土地に骨をうずめなさいまし

もうコーネリアには戻れないのね。悲しいなぁ。

もうふるさとのことは思うまい!

エブラーナの鍛冶屋の人。ござる口調になってる!!!

聖なるほこらにて

聖なるほこらにて。

勇者としての血筋を

ホントはナイト……。まぁいいか、もう。

わしは待っておるぞ

じいさん、遠回しに告白?(違う)

エアリスのお礼

第28回に登場したエアリスです。いえいえ、どういたしまして。

イデア様からの伝言

あーはいはい、イデア様によろしく。
そういやイデア様がエアリス像に封印されていた(第29回参照)んですけどなぜなんでしょうか、エアリスさん。

キーストーン《改行》を

リンドブルムにいたキーストーンを作ろうとしていた老人。
どうでもいいけど改行が変だ。
作ったはいいけど一度使うと壊れてしまうのが悩みだそうです。さては紙粘土で作ったな。(違う)

魔王の城も夢のあと

ミッドガル前より。大魔王の城があとかたもない。

どひゃー!

どひゃー! いや、落ち着け。

クポックポッ

モーグリも落ち着け。

街の人たちとひと通り話したところで、いよいよ玉座の間へ。

今さらという気もしますが、いちおうエンディングということで伏せておきます。(だったら前回ふつうに紹介してた大魔王の正体も伏せとけよ)
というわけで続きをどうぞ。




【“FF99冒険記(32) 「 THE END 」”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。