FF99冒険記

FF99(FINAL FANTASY 99)冒険記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF99冒険記(29) トラビア西の塔

前回までのあらすじ:エアリスから思いのこもったオーロラロッドを受け取ったとまと。そして彼らは、魔女イデアの封印を解くためトラビア西の塔へと向かう……。

そんなわけでトラビア西の塔へ向かったとまと一行。
この塔に伝説の鎧があるというもっぱらの噂ですが、さて。

置いてある宝箱は罠のラストアーム第21回参照)ばっかだなぁ……と探し回ることしばし。

マクシミリアン

ついに見つけた! 伝説の鎧マクシミリアン
伝説の鎧だけあって防御力もかなりのもの。なんと防御力80。すばらしい。
火炎ダメージの軽減のためにあえてリフレクメイル(防御力60)ではなくドラゴンメイル(防御力48)を装備してるカインなんかどうしたらいいんですか。


……で、魔女イデアはどこに?

エアリス像?

いろいろあってこんなところにやってきたとまとたち。
ん、これは? エアリス像?

とりあえずラミアの笛

とりあえず、一応笛を吹いてみるビビ。

まるで夢のよう

ええっ!?

魔女イデア

や、どうもはじめまして。

カインにガーネットを

ガーネットをもらった! どうでもいいけどカインにあげるのか。
こいつ惰性で先頭にいるだけでとまとのほうが余裕で強いんだけど……。

いま恩返ししろよ

いつかっていつさ!

この国に平和が来ることを祈っています

……そう言って、どこかへ消えてしまいました。
どこかで平和を祈ってるんでしょう。

ともかく、これでスリースターズオーロラロッドガーネットの三つがそろった!
これで魔の島へ渡るための「光の橋」がかけられるはず。

さて、ここでトラビア西の塔モンスター紹介。

プレイグ

プレイグ。二回行動でコメットやレイズを唱えます。それほど強くはない敵。

アデルとアーリマン

魔女アデル。二回行動でエアロガ、トルネド、メルトン、アスピル、ブラインなどを唱えます。
ついでにザコ敵としては初登場、アーリマン。クーザーのニセ王様騒動以来の登場です。
再開してみて改めて思ったんだけど、やっぱりザコだ……。


さて、聖なるほこらへ行く前に、ちょっと寄り道。
岩山の洞窟……という名前かどうかは知りませんが、ドラクエでいうところのいわゆる岩山の洞窟に相当する例のあの洞窟(回りくどい)に、実はカエサルヘルムが眠っています。……が!

ふつうに出てくるマスタトンベリ

おそろしいことにこの洞窟、ふつうのザコ敵としてトンベリマスタトンベリが登場してくるのです。
(トンベリ、マスタトンベリのおそろしさについては第10回第21回を見てね)

トンベリがザコ敵として登場するのはパンデモニムの洞窟でもあった(第22回)ことですが、あそこではトンベリ単体のみの登場だったのに、ここでは上の画像のようにマスタトンベリがお供を従えてでてきたり、トンベリがモルボルなんかと一緒に出てきたりともうムチャクチャです。
全力で集中攻撃すれば一応倒せるトンベリはともかく、マスタトンベリには全く勝てる気がしません。というかマジメに戦ってみたら全滅したし。
ということでただひたすら逃げの一手。

実は「防御キャンセル」技を禁じ手として封印していたんですが、奴らがあまりにも破壊的に強いので、裏技解禁で「防御キャンセル逃げ」を駆使してひたすら逃げてました。

息も絶え絶えにカエサルヘルム獲得

息も絶え絶えにカエサルヘルムをゲット。
ウィンドウが赤いのはむろん死者がいるからですが、正確には「蘇生のためのMPが尽きた」からです。とまととミンウが何回レイズやらアレイズやらを唱えたことか。
おそるべし、トンベリの洞窟!(勝手に命名)
マジメに戦闘して進むとしたらレベルいくつ必要なんだろう……。

しかし苦労しただけあってカエサルヘルムは強い。さすがFF99でわざわざ追加しただけのことはあります。
でもナイト(とまと)が優遇されすぎて、竜騎士(カイン)との戦力差がどんどん広がってる気がするけど……。
やっぱり竜騎士よりモンクのほうが良かったのかな?


では、そろそろリンドブルム南の島にある聖なるほこらへ行きましょう。

聖なるほこらへ

やけに気合のはいってるほこらのじいさん。
前来たときは「まことの勇者ならガーネットを持っているはず。出直してこい」とかなんとか冷たい対応だったのに……。
ともかく、今こそ三ッ星とオーロラが合わさるとき。
DQ3では「雨と太陽→虹」という形になっていますが、三ッ星とオーロラが合わさるとどうなるものなんでしょうか?
「夜空に浮かぶ三ッ星とオーロラ。わぁ、キレイだなー」ぐらいしかないような気がしますが……。

さばくのひかり……?

ジャジャーン! なんと、さばくのひかりをもらいました。
さばくのひかり……。

それって、FF4で高熱病を治すために使うアイテムじゃないですか。
確かアントリオンが持ってる……。
それが「光の橋」をかけるためのアイテム……?
……いったいなぜ……?

さっぱり分かりませんが、ともかくさばくのひかりで光の橋がかかるんです。細かいリクツはいいじゃないか。気にするなよ

さばくのひかりを天にかざした

さっそくさばくのひかりを天にかざすんだカイン!
よけいな疑問をいだいちゃダメなんだカイン!

チャラララ チャラララ チャララララララーン

なにやらふしぎなひかりの輝きにつつまれ……。

光の橋が……!

ジャジャーン! やった、光の橋だ!

うーん……なぜさばくのひかりなんだろう……。


というわけでついに魔の島へと渡る「光の橋」がかかり、いよいよ最終決戦に近づいてきたとまと一行。
はたして大魔王を倒すことはできるのか? 行け! 伝説の勇者たちよ!
ではまた次回。


……え、伝説の武具のひとつ「えいゆうのたて」をまだ入手してないじゃないかって?
あれは「トンベリの洞窟」以上の難関だから……。
次回には入手してるといいなぁ……(希望)。


続く。
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

FF99冒険記(28) 城塞都市エスタ

前回までのあらすじ:エクスカリバーを手に入れた!

前回リンドブルムに寄ったのって話の流れからするとあんまり意味がないな、と思った今日この頃、みなさまいかがお過ごしですか? FF99冒険記、今回で28回目を迎えることとなりました。
ここで改めて、闇の世界ダークガイアの地理についてまとめてみたいと思います。


ミッドガル
ダークガイアの中心都市。なぜかラグナ王が治める。ミッドガル城で流れる曲は「反乱軍のテーマ」。名曲。
トラビア
ダークガイア北東方面にある村。温泉で有名。エブラーナから逃げてきた鍛冶屋がいる。近くの島にある塔に魔女イデアが封印されている。
ニブルヘイム
ダークガイア南西方面にある町。町の南のほうにあるチョコボ牧場にはなぜかアダマンタイトが埋まっていた。よろず屋の店主が生まれたばかりの息子の名前を考えている。
リンドブルム
ダークガイア東方にある町。町全体が水路におおわれている。キーストーンに興味を持つおじいさんがいる。南にはガーネットを持った真の勇者の登場を待つ聖なるほこらがある。
エスタ
ダークガイア南方にある町。城壁都市。人々がみな無気力になっている。町を守る怪物「バブイルの巨人」を作ろうとしている人がいる。本編未登場。というか今回出てきます。
レスターの家
吟遊詩人レスターの家。ダークガイア北西方面にある。ルナハープがある。本編未登場。別になにかあるわけでもないので今後も出てこないかもしれません。


さて、そういえばまだ海域のモンスターを紹介してないということで紹介。

オルトロス、カイナッツオ

オルトロスは攻撃力が非常に低い代わりにHPがやたら高いめんどくさいモンスター。二回行動で不思議な踊りを多用してきます。ときどき痛恨の一撃をくりだすこともありますが、その痛恨ですら激弱です。さすがはオルトロス。
水の四天王カイナッツオ。吹雪を吐いてきます。意外に(?)厄介。

デスゲイズ

デスゲイズはデスやエアロガを唱えて、ときどき二回行動をしてくる敵です。

エスタ南のほこら

さて、船でうろうろと旅する途中、ほこらを見つけました。エスタの南のあたり。
中にいたのは……

エアリス!

エアリス
なんとここにいたのはセトラの民エアリスでした。魔女イデアに仕えていたらしい。

エアリスの思いがこめられた杖

杖をもらいました。エアリスの思いがこめられた杖とはいったい……?

オーロラロッド!

オーロラロッド!
FF7ではふつうに売ってた気もしないでもないですが、間違いなくエアリスの思いがこめられた特別製です。間違えるはずがない。

この世界をお救いくださいまし

ええと、イデアさまのためにがんばります!

エスタへ

続いてとまとたちはエスタへ。

城塞都市エスタ

ここが城塞都市エスタか。

しかし、魔王の手にかかれば……

見張りのお兄さんも魔王におびえているようです。

レスターくん

吟遊詩人のレスターくん。
ちなみにルナハープはすでに入手済みです。紹介してなかったけど。(えー)

怪物を作る研究

怪物を作る研究をしている人が。それってやばくないか?

怪物に町を守らせる?

怪物に町を守らせる……? そんなのがうまくいくの?

バブイルの巨人と名づけよう!

バブイルの巨人
そんなの作れる技術があるならそれで魔王を倒したほうがいいんじゃ……。
まだ研究段階の今のうちにこの老人を殺っちまうほうが世のためかもしれません。

魔の島へ行くには

魔王の島へ行くには「スリースターズ」「オーロラロッド」「ガーネット」が必要だと教えてもらいました。
「みつぼしとオーロラが……」なんてまわりくどいことを言わずに最初からこういうふうに言ってくれればいいんだよね。
「スリースターズ」「オーロラロッド」はすでに入手済みなので、あとは「ガーネット」ですな。

さて、エスタ周辺で登場するモンスターとしてアパンダというヤツがいるんですが、またもや画像を撮り忘れたのでまた今度紹介します。
というか、アパンダはリンドブルム周辺にも出てきました。前回紹介するべきだったか!

どうも他にもいろいろ紹介しわすれていそうな気がする……。さすがはダークガイア! 作者にーの氏が精魂こめて作っただけのことはある! うむ!
だから紹介しわすれがあっても仕方がないのだ! そうだそうだ。


と、適当な言い訳はさておき、まだ紹介してないモンスターがいたのでここで紹介。

ベアトリクス

たぶんレアモンスター、ベアトリクスです。出会える場所はダークガイアのどこか
二回行動でひたすらに攻撃で攻めてくるというシンプルなヤツですが、とにかくものすごく強い。おそろしいモンスターです。
試しに戦ってみたところたちどころに全滅させられました。
一度会ったきり会ってないんですが、また会えるのかな……?
会いたいような、会いたくないような……。

次回はガーネットを探しにトラビア西の塔へ!
ってことで、次回に続く。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

FF99冒険記(27) ニブルヘイム・リンドブルム

前回までのあらすじ:トラビアでエクスカリバーの噂を聞いたとまと。どうやらエクスカリバーは魔王の手によって破壊されたらしいのだが……

ニブルヘイムへ

さて、今回向かったのはニブルヘイム。

ニブルヘイムの町へようこそ

いたってふつうの町です。

キングベヒーモ、カトブレパス

ちなみにニブルヘイム付近で出会ったモンスター紹介。
キングベヒーモはメルトンを唱えたり、眠りの追加効果を持つ攻撃をしたりします。
7文字制限があるから「キングベヒーモ」なんだろうけど、それなら「キングベヒモス」のほうがいいような気もしないでもない。
カトブレパスは吹雪を吐く、デスを唱えるなどの特徴を持つモンスター。

アダマンタイトを探している

奇遇にもアダマンタイトを探している人がいました。この町にあるらしい。

ニブルヘイムの武器・防具屋

武器・防具屋のラインナップ。ドラゴン防具が目をひきます。
ちなみに「ドラゴンメイル」だけ名前がDQ3と一緒。どうでもいい情報。

牧場できらりと

牧場できらりと光るのを見たという人が。
茂みの中で見かけたらしい。

って、希少金属アダマンタイトがそんな茂みの中に落ちてるわけないじゃないかまったくもう。

あった!

あった!!!
チョコボ牧場の中に落ちてました。
なんでこんなところに? チョコボパワー?

トラビアの温泉から南に4歩、笛が埋まっているのよ

別の人は笛の埋まっている場所の情報を。
情報の詳細さから見てもどう考えてもこの人が埋めたとしか考えられません
さっきのアダマンタイトといい、この町の人は希少なモノはなんでもどこかに埋めたがる性格の持ち主なんでしょうか。

他には東へ行くとエスタの町があるという情報や、クリスタルは上の世界にあるといった情報が。
町の情報はともかく、クリスタルがどこにあるかを知ってるってのはよく考えるとかなりの情報通です。何者なんでしょうか。別にいいけど。

ともかくアダマンタイトをひろったので、さっそくトラビアにいる元エブラーナの刀鍛冶の店へ向かいましょう。

トラビアの鍛冶屋へ

アダマンタイトを売って……

再び鍛冶屋へ

一度町を出た後再び店に行くと、エクスカリバーが!
さすがは職人、仕事が早いぜ!

ラミアの笛入手

ラミアの笛も入手、と。

さぁ、笛もとったし、魔女イデアが封印されてしまっているという西の島の塔へ行くべきか。
それともニブルヘイムの東にあるというエスタの町へ行ってみようか。
よし、じゃあ……

リンドブルムへ

リンドブルムへ行こう!
ということでリンドブルムへやってきました。
え、どこだか分からない? ええと、方角的にいうとトラビアの南のほうにある町です。

真の勇者の手によって西の岬に光の橋がかかりましょう

予言所のお告げによると、真の勇者の手によってこの島の西の岬に「光の橋」というものがかかるそうです。

哀れなり、勇者リチャード

なんと、リチャードは魔の島に渡れなくて海のもくずとなっていたとは……。
……火山で死んだはずが一転して海のもくずとは、忙しい人だなぁ

伝説の鎧マクシミリアン

伝説の鎧マクシミリアンはどこかの塔にあるらしい。
トラビアの西の島にあるという塔のことでしょうか。
でもFF99のことだから実は違うかも……とか疑い出すとキリがないので今は信用しておこう。

ガーネットはイデアさまの愛の証ですわ

「ガーネットはイデアさまの愛の証」……?
なんのことだろう。全然分からないや。

しろマテリアの効用

へぇ。それは便利だなぁ。
よし、寄こせ! え、持ってない? そうか……。

ヒルギガースとモルボル

ここでリンドブルム周辺のモンスターを紹介。
ヒルギガースは攻撃のみ。たまに痛恨の一撃もあるので注意。
モルボルはブライン、サイレス、コンフュなどの魔法や、毒の息、あまい息、やけつく息などの特殊攻撃に長けている……とこうして並べてみるとすごそうだけど、別に二回行動するわけでもないし、FFの「くさい息」攻撃に比べればショボイ能力です。


ってことで、聖剣エクスカリバーを手に入れ、大魔王討伐への道に一歩近づいた気がするとまと一行。
残る伝説の防具はどこにあるのだろうか……。
ってことで、続く。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

FF99冒険記(26) トラビア

前回までのあらすじ:闇の世界ダークガイアに降り立った勇者ナイトとまとたち。そしてミッドガルの城では重要アイテム「スリースターズ」がふつうに宝物庫に置いてあったのだった……

なお残念ながらFF99ではスリースターズを持っていても魔法の消費MPが1になったりはしません。当たり前だけど。
どうやら、「みつぼしとオーロラが合わさる時、光の橋かかる」という言い伝えの「みつぼし」が「スリースターズ」のことを指しているみたいです。
では「オーロラ」は?
ということでミッドガルを出発し、闇の世界をめぐってみることにしましょう。

その前にミッドガル周辺に出てくるモンスターの紹介。

ロストナンバー

ロストナンバーは二回行動でしょっちゅうサンダラ×2を食らわしてくる危険モンスター。ダークガイアに来たばかりの段階ではけっこうきつい。
フンババは第24回でもう紹介したからいいよね。

ゴーキマイラ

ゴーキマイラはやけつく息や炎を吐いてきます。また、ヒールを唱えて回復することも。

コよコよ

コよコよ。なにげに名前だけは第4回で登場済みだったり。
なお第20回で「ョ」「ュ」「ウ」などのフォントを追加しましたが「ヨ」にあたるフォントはあいかわらずないので「コよコよ」です。
倒せば経験値10000、メガフレアやメテオなどの協力魔法を唱えるも「MPが足りない」という、なかなかカワイイやつです。
はぐれメタルと同様、守備力が高く、魔法も効かず、よく逃げるという特徴があるのですが、実ははぐれメタルよりはるかにカンタンに狩れます。

というのも、なぜかこいつフレイムソードだと一撃で倒せるんです。
ふつうならミスか1ダメージのところ、フレイムソードだと、かなり高い確率で20前後のダメージを与えて一撃で倒してしまいます。なぜ?

察するに、コよコよにも聖水が効くようにと思って設定したらフレイムソードも効くようになっちゃったっていう仕様上のミスなんじゃないかと思ってるんですが、どうなんですかね。(フレイムソードはDQ3のゾンビキラーに該当)

とはいえ、のちのち紹介していきますがダークガイアのモンスターは基本的に破壊的に手強いので、コよコよはこれくらいザコでちょうどいいぐらいではないかと。

ミッドガル周辺だと他にはブルードラゴン、クアール、キマイラなどが出現します。

トラビアへ

ミッドガルを出て、まずはラミアのふえがあるというトラビアへ。

ローブ専門店(ちょっと違う)

黒魔導士専用防具「くろのローブ」が重宝するので買うべし。
ちなみにコーネリアの預かり所に10万ギル以上の貯金があるので余裕で買えます。さすがFF99。

砕かれエクスカリバー

なんと、エクスカリバーはすでに砕かれていたとは!

エクスカリバーはアダマンタイトで

ほぉ、エクスカリバーはアダマンタイトでできていたのか……。

え? ネプトりゅう……え?

やまたのおろちじゃなくてネプトりゅうなんだけど……

エブラーナで鍛冶屋

エブラーナの鍛冶といえばスゴ腕で有名……ではないよなぁ、別に。
でもまぁ、たぶんスゴ腕です。たぶん。
カンですが、アダマンタイトを持ってくればエクスカリバーを作ってくれるぐらいスゴ腕です。

ラミアのふえがあればイデアさまの呪いが解ける……?

ラミアのふえがあればイデアさまの呪いがとけるらしい。
っていうか、ラミアのふえはこの村にあるんじゃなかったのかね?

魔女イデアさまは西の島の塔に

魔女イデアさまは西の島の塔の中に封じこめられているとか。

クリスタルを使うときじゃ!

クリスタルで魔王の魔力が! 「クリスタルを使うときじゃ!」

情報はこんなとこかな。

あ、そうそう、トラビア付近ではマリオネイターという敵が出るんですが、画像撮り忘れたのでまた今度。

ということで次回はアダマンタイトを求めてニブルヘイムへ行きます。
え? ニブルヘイムなんていう町の情報は出てない? まぁいいじゃないか。
ではまた次回。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

FF99冒険記(25) ダークガイアへ

前回までのあらすじ:魔王ザンデを倒し平和を取り戻した……はずだったが、戦いはまだ終わっていなかった。大魔王ゾーマを倒すため、とまとたちはジエイドの穴へと向かった……。

なお「大魔王ゾーマってDQ3そのままじゃん。おかしいよ」などと言ってはいけません。敵は大魔王ゾーマなのです。だって自分で言ったんだから間違いないよ。

というわけで、いざゾーマ討伐の旅へ!

ひびわれが

ひびわれジエイド。
さっそく穴に突入だ!

ピュー!

って、ふつうこんな穴から落ちたら即死ですよ。大丈夫なんですか。

着地!

無事着地しました。さすが勇者ですね。
さて、ここはどこかな?

上の世界から

いきなり「上の世界」から来たことを看破するおじさん。
それともこのおじさんは見ない顔の人にはみんな「上の世界からやってきたんだろう」って言ってるんでしょうか。それはそれでスゴイ人だ。

ダークガイア

DQ3だとここで「えええっ!?」という衝撃の事実が伝えられるところだけど、FF99だと「ダークガイア」って言われても「え?」という感じですね。
っていうか、ダークガイア
ええと、「ガイア幻想紀」(1993年/エニックス/開発:クインテット)「天地創造」(1995年/同)に出てくる?

なんでダークガイアなんですかね? FF99なのに。

東にミッドガル

東に行けばミッドガルがあるという情報が。

船はもらっていくぜ

勝手に船をもらって、いざミッドガルへ。

ちなみにここダークガイアのフィールド曲はFF5「新しき世界」。

ミッドガル

ミッドガル。対岸に見える城は果たして?

……いや、ゾーマ城なのは知ってるけど、一応。

ここはミッドガル

ミッドガルです。スラム街はどこかな? 花売りは

ザンデ……

実はザンデはゾーマの手下のひとりだったそうで。
ただでさえカバみたいな姿だったのに、手下だったなんて……。

タフな祖先だ

なんと、彼らの祖先もジエイドの穴を通ってきたのだとか。
「飛び降りて死ぬ」という概念はないのかい?

こんなところにグツコー

なんとグツコーです。こいつもジエイドを通ってきたのでしょうか。

昔のお礼に

昔のお礼に情報をくれるそうです。
よくよく考えてみるとこいつ、たかだか8000ギルのサークレットを盗んだだけのしょうもない小悪党ですよ。
それを見逃してやっただけ(しかもサークレット返してない)なのにお礼だなんて、お人よしなヤツだなぁ。

ミッドガルの城にスリースターズが

ミッドガルの城にスリースターズがあるという情報をもらいましたが、さて……。
とりあえずお城に行ってみる必要がありそう。

エリクシャー売ってる

道具屋ではふつうにエリクシャーを販売していました。ちょっとびっくり。
ちなみにエリクシャーの効果は仲間一人の蘇生。生きてる人に使ってもHP・MPが全快したりはしません。

みつぼしとオーロラが合わさる時、ひかりの橋 かかる

なにやら意味深な言い伝え。
「みつぼし」=「スリースターズ」、か?

ミッドガルの城にようこそ

ともあれ、ミッドガルの城へ。スリースターズはどこかな。

ところでミッドガルの城はFF2「反乱軍のテーマ」の曲が流れます。ここもFF99独自設定ですね。
独自設定というか、FC版DQ3だとラダトームの町も城も上の世界と同じ曲だけど、SFC版DQ3だとラダトームの町やラダトームの城はちゃんとDQ1のときの曲が流れるんですよね。確か。

それにしても名曲ですな。

対岸の城は大魔王の城

えええっ!(棒読み)
……ごめん、それは、まぁ、知ってた

宝箱が

ここは宝物庫のようです。宝物庫の宝は奪われてしまったそうですが……。

スリースターズがふつうに宝箱にある!!!

スリースターズゲット!
……って、スリースターズ!?


というわけで、なんと、FF99ではスリースターズがふつうに宝箱に入ってます
DQ3で「たいようのいし」が見つからずに右往左往した人への配慮なんでしょうか。なんて親切設計! もしくは大きなお世話設計

あ、ちなみに上の宝と下の宝はからっぽです。

オニオンソード

で、本来「たいようのいし」がある場所にはオニオンソードが置いてありました。たまねぎ剣士だけが装備できる最強の剣です。なんと攻撃力250! スゴイ! たまねぎ剣士いないけど。

大魔王を倒すなどまるで夢物語だ。しかし……

バリアの上でうろついてる兵士からの情報。

エクスカリバー マクシミリアン カエサルヘルム えいゆうのたて

エクスカリバー、マクシミリアン、カエサルヘルム、えいゆうのたて。

これらをそろえれば、あるいは……

4つの武器防具をそろえれば大魔王を倒せるかも、とのこと。
DQ3では「おうじゃのけん、ひかりのよろい、ゆうしゃのたて」の3つだったのに、なにげに兜が追加されてますよ。スゴイ。

ラグナ王

ミッドガル城二階、ラグナ王の部屋。ラグナ王?

大臣っぽいひと

大臣っぽい人。

リチャード……!

ん、リチャード

お世話係

重度の火傷

なんと、火山の火口から落ちて死んだといわれていたリチャードが実は生きていた!
……もう、どうなれば死んでどうなれば死なないのかよく分からなくなってきました。
とりあえず、伝説の英雄ともなると火傷&落下ぐらいなら死なないらしいです。
スゴイぜリチャード

それだけの重傷を負ってまた旅立ってるってのもスゴイぜ!

情報通の王様

ラグナ王です。
ミッドガルなのになんでラグナ? まぁいいか。
それとその情報はどこから入手したんだ? 来たばっかなのに。

トラビアにラミアの笛

トラビアにはラミアのふえがあるとか。覚えておこう。


というわけで、ついにダークガイアへやってきたとまとたち。
はたして大魔王ゾーマを倒すことはできるのか!?
ではまた次回。

そりゃここにはないよ

……そりゃここにはないよ。だって宝物庫にあるんだもん

続く。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

FF99冒険記(24) パンデモニム城

前回までのあらすじ:ついに飛竜復活! いよいよ魔王ザンデを倒す時が来た!

というわけでついに決戦の時がやってきました。いざ、パンデモニム城へ!

パンデモニム城


ここパンデモニム城ではなんとBGMとしてFF2「パンデモニウム城」の曲が流れます。DQ3のバラモス城はふつうにダンジョンBGMだったのに。スゴイや! さすがFF99!

そんなパンデモニム城のモンスターを紹介。

テイアマット、アスタロート、クアール

フォントのつごうで「テイアマット」になっていますが風のカオス、ティアマットですね。二回行動で炎を吐きます。
アスタロートはスリプルを唱える。
クアールは二回行動でコンフュややけつく息を使ってきます。

デスライダー

デスライダーはデバリア(敵グループの守備力を下げる)を唱えます。

ついでなんで前回紹介しそこねた、竜の女王の城の周辺にでてくるモンスターも紹介。

フンババとドラゴン

フンババは痛恨の一撃をくりだすことがあるぞ。
ドラゴンは炎を吐いてきます。

マサムネ

サンブレード

道中、マサムネとサンブレードを手に入れました。
マサムネは使うとデバリアの効果があり、サンブレードは使うとフレアーと同等の効果を得られるようです。
とりあえず、マサムネをカインに、サンブレードをとまとに装備させました。カインは状況に応じてざんてつけんとマサムネを使い分ける方針で。

そしてついに……

ザンデ!!!

見た目にはなんだこいつってな感じですが……。

ザンデのくせに生意気な

そう、こいつこそが魔王ザンデだ!

はらわたを食らいつくしてくれるわっ!

はらわたを食らいつくされるのはイヤだなぁ。

魔王ザンデ

というわけで魔王ザンデです。
何の因果かカバみたいな姿になっていますが間違いなく魔王ザンデです。
二回行動でメガフレア、メルトン、ブリザガ、コンフュ、レビテガ、炎を使ってくる超強敵!
さいわいイレースが失敗することなくすぐ効いたのでガンガン攻めて、なんとかギリギリのところで勝利!
はらわたを食い尽くされずにすみました。

暖かい光が

魔王ザンデをやっつけた!
と同時に、なにやら暖かい光が。体力が回復し、死んでいたビビも生き返りました。

コーネリアへ!

いつのまにか飛竜がいなくなってます。テレポの行き先もコーネリアだけ。
ということで、コーネリアへ。

コーネリアにお帰りなさいまし

噂早いなおい

いきなりザンデを倒したという噂が届いてるコーネリア。早すぎだろ! まぁ飛竜くんがいち早く伝えにいったのだということにしとこう。

母さん感激

母さんも感激。

父さん? ああ、リチャードね

父さんか……。そうだね、父さんにも見せたかった……。
……。
……父さんって誰だっけ

さすがリチャードの息子

ああ、リチャードね。はいはい。リチャード。知ってた。(何)

ゆうしゃ とまと ばんざい

なんですかこの「めし どこか たのむ」みたいな文章は。

そんな喜ぶ町の人の声はこのへんにして、さっそく王様に報告です。

王様!

いやぁ、はっはっは。

国中のものがとまとをたたえるであろう

そうそう、あのリチャードの息子ですからね! 当然ですよ!

祝いの宴じゃ!

王様も大喜びです。

パンパカパーン

パパパパーン! さぁ祝いの宴が……。

と思ったら……。

不気味な声が……

ズジャア!

とつぜん謎の襲撃を受け、ファンファーレ隊が全滅してしまいました!
そして、なにやら不気味な声が……。

ゾーマ登場

声の主は、闇の世界を支配する大魔王ゾーマだった!

やがてこの世界も闇に

そなたらの苦しみはわしの喜びなのじゃ

わっはっはっ……

「わっはっはっ……」

と言い残すと、不気味な気配は消え去りました。

なんとしたことじゃ

王様ショック。そりゃあねえ。

闇の世界が来るなどどうして皆に言えよう

いや、それは言おうよ。大人として。
せめてファンファーレ隊の家族のみなさんには教えるべきだろ。

秘密

秘密にしとけといわれてしまいました。なんだダメ王め。

しょうがない。こんなダメ王はほっといて、大魔王ゾーマを倒すため、いざ出発だ!

ジエイドの穴へ

そんなわけで、闇の世界へ向かうため、彼らは一路ジエイドの穴へ。

ひびわれが

なんと地響きによってひび割れが起こったようです。

なにかがこの穴を

そしてなにかがこの穴を通ったとか。なんだろう……。
これは我々も行ってみるしかないな!

こうして魔王ザンデを倒すも、新たなる敵・大魔王ゾーマの出現により旅を続けることになったとまと一行。
このジエイドの穴の先に待ち受けているものとは……?
次回に続く。


おまけ
タイクーンのあの二人は……?

呪いが解けた

なんと、ザンデを倒して呪いが解けていた!

彼はバッツ

彼はバッツ。よかったねバッツ。

彼女はサリサ

彼女はサリサ。よかったねサリサ。

お礼にマンイーターをくれサリサ

マンイーターをもらいました。

女性メンバーがいないから意味ねえな

女性だけがあつかえる剣……。
全員男だから意味ねえよ!

……で、結局せっかくもらったマンイーターは預かり所行きになりましたとさ。

ということで、続く。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。