FF99冒険記

FF99(FINAL FANTASY 99)冒険記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF99冒険記 (23) 飛竜復活

前回までのあらすじ:最難関「パンデモニムの洞窟」をやっとの思いで突破したとまと一行。さあ、いよいよ最後のマテリアが……!

どうでもいいことなんですが、第18回で「Google八分にされてる」なんて書いたんですが、いつのまにかまたGoogleで拾われるようになってました。なんでだろう?

さてさて。

ついに来た!

パンデモニムの洞窟をとおりぬけた先には、難攻不落の城「パンデモニム城」が目の前に!
かのパラメキア城はひそひ草ひとつであっさりはいれてしまいましたが、この城はそうやすやすとは侵入できそうにはありません。
そしてもうひとつ、東方には謎のほこらがあります。いってみましょう。

そりゃびっくりするよなぁ

第一声が「なんと!」て。
そりゃこんなところに人が訪れるなんて思わないもんなぁ。

あなたこそは世界を救う素質ありとみました!

シルバーマテリア

なにやら認められたらしくシルバーマテリアをもらいました。
なるほど、あの洞窟を踏破できるくらいなら魔王を滅ぼせてもおかしくないかもしれませんね。

どうやらこのおっさんはシルバーマテリアを保持・管理していたようですね。
でもこんな敵の本拠地の目の前で管理するなんて危険この上ない気がするけど。

いや、このおっさんもあの洞窟を通ってきたに違いないから実はそうとう強い可能性もあるか。なんだよ、おまえが魔王倒せよ!

くろマテリア

シルバーマテリアをもらったつもりだったのですが、くろマテリアでした。色が違うよ!!

はっ、そうか! 実は魔王との戦いで視覚に障害をわずらってしまったという哀しい過去を持っているに違いありません。たいへんだったんだねおっさん。よくやったよおっさん。

適当な妄想はさておき、これでマテリアが全てそろいました! いよいよ飛竜復活だ!

ここでパンデモニムの洞窟踏破時のステータスを紹介。

とまと レベル32

とまと いつのまにかホーリーを覚えた

かなり強くなってきたとまと。ホーリーっていつのまに覚えたんだっけ。全然つかってないので、もしFF99では威力が大幅上方修正されてるのだとしても知りません。(無責任)

カイン レベル31

意外と力がとまとと変わらないカイン。まぁステータスアップ系アイテムは全部とまとにあげることにしてるからなのかもしれないけど。
ざんてつけん(攻撃力99)がなかなか強い。でもミスの割合が増えるのがネック。会心も出やすくなってるとはいえ。

ミンウ レベル31

ミンウ 白魔法

第17回で紹介したときは「ミンう」でしたがついに「ミンウ」に。「デジョン」もちゃんとカタカナ表記になったぞ。「EX」は「E」になったけど。
だいぶ充実してきた白魔法。そういやレビテガは使ってみたことないなぁ。敵で使ってくるやつも見かけないような気が。
装備品は前と変わらず。

ビビ レベル32

ビビ 黒魔法

ビビの黒魔法も充実。「スロウ」も「コンフュ」もこのとおりちゃんと修正済みですよ。
どうでもいいんですがブリザガをレベル26で習得しました。FC版DQ3の「マヒャドをヒャダインより先に習得してしまう」というバグ(仕様)をあえて修正しなかったのかな、と思ってたら、あとでクエイクを覚えた。
そういうやり方があったか! と感心。
名前だけでも別物にしてしまえば先とか後とか関係なくなるもんね。ま、名前がクエイクっていうだけで実は空を飛んでる敵にも効くみたいだけど。
こまかいことだけど昼夜逆転の魔法がクイックってのはちょっと違う気もします。なにならいいのかと言われるとちょっと分からないけど。


ま、ともかく、くろマテリア(シルバーマテリア)をささげなければ。

くろマテリア(シルバーマテリア)をささげ……

さあ……これで6つ全てのマテリアがそろったぞ……!

わたしたち

「私たち」「私たち」「この日をどんなに」「この日をどんなに」

この日をどんなに

「待ち望んでいたことでしょう」「さあ、祈りましょう」

時は来たれり

「時は来たれり」「今こそ目覚めるとき」

舞い上がれ、空高く!

「大空はお前のもの」「舞い上がれ、空高く!」

飛竜復活

卵が震え……そして……飛竜、復活!

飛竜は蘇りました

「伝説の飛竜は蘇りました」「飛竜は神のしもべ」

心正しき者だけが

「心正しき者だけが」「その背に乗れるそうです」

心正しき者だけが……。
……カインだけ乗れないなんてことはないよね。

というわけでさっそく飛竜に乗って世界をとびまわります。

竜の女王の城

気の向くままに飛んでいたらこんなところに来ました。

チョコボがしゃべってる

わー、しゃべるチョコボだ。サマサ村にもいたけど。
天界に一番近い竜の女王さまのお城だそうで。

竜の女王

神の使い、竜の女王。
見た目はネプトりゅうと一緒ですね。

クリスタルを

クリスタルをくれるそうです。

ひと時も早く平和を取り戻してください

生まれ出る、私の赤ちゃんのためにも……。

「生まれ出る、私の赤ちゃんのためにも……」
といって、女王は息絶えました。そして命と引き換えにひとつの卵を……。

ということでクリスタルをもらいました。魔王は必ず倒すぜ!


ジエイドの穴

こちらはジエイドの穴。

ジエイドを見張る人

ジエイドを見張る番人。

ここは今のところ特に用なしです。

パンデモニム城

そしていよいよ、パンデモニム城へ!

ということで、次回に続く。
スポンサーサイト

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

FF99冒険記(22) パンデモニムの洞窟

前回までのあらすじ:いろいろあってライオンリングを手に入れた!

というわけでリノアの岬にやってきました。
なんでも嵐にまきこまれて死んでしまった恋人スコールを想ってリノアは身を投げて死んでしまい、成仏できずに岬を通ろうとする船を引き戻すという迷惑行為を繰り返しているそうです。
さっさと成仏してください。

哀しげな歌声が……

ライオンリングを使った!

はいはい良かったね

わー感動だなー(棒読み)

スコールーッ!

スコールーッ!


はい、というわけで無事とおれるようになりました。

リノアの岬の先にあったのは牢獄。ガラフが投獄された場所のようです。

ガラフの魂

ガラフの魂は他人に迷惑行為をかけないどころかアドバイスまでくれる非常にいい亡霊ですね。

キングスソード!

ガラフのしかばねのそばでキングスソードを見つけました。

さっそくこの剣で……

アガルトの島

この剣でどうすべきなのかはとまとの天性のカンですでに分かっているのですが、一応念のためアガルトにやってきました。

予言者

もし来なかったらどうするつもりだったんですか。

魔王の神殿はパンデモニムの山奥

魔王の神殿はパンデモニムの山奥!
「神殿」なんですかね? 勝手に「城」だと思ってたけど。

考えてみると「ウ」のフォント追加したんだから「パンデモニウム」に修正できるはずですね。でもまぁいいか、どうでも。

火山の火口にキングスソードを投げ入れ……

えー、もったいない。

自らの道をひらくであろう!

そう力強く言われちゃうとそのとおりに実行せざるをえないなぁ。

ってことで、火山の火口へ。
火山の火口はトリノの町から船で南下したあたりです。

火山の火口

ただの黒い穴に見えるかもしれませんが、間違いなく火山の火口です。

キングスソードを投げ入れ……

ゴゴゴゴゴ……

自らの道を!

道が!

ゴゴゴゴゴ……!

ひらけた!

ドォーン!!!

ってことで道がひらけました。

が、ここからがたいへんです。

この先には屈指の難関である「パンデモニムの洞窟」が待ちかまえています。
この段階ではレベル25だったのですが最終的に洞窟を抜けるまでにレベル32まであげる羽目になりました。
(というか、挑む→死にかける→ダテレポで脱出→再挑戦、をくりかえしているうちに勝手にどんどん上がった)

そんな危険なダンジョンに待ちかまえるモンスターを紹介。
まずは洞窟の外でうろうろしている(といってももちろん洞窟内にもいる)モンスターから。

マインドフレア

マインドフレアはコメットやケアルラを唱えます。
マインドブラストは使わないので安心して戦えます。

マリリスとデスクロー

火のカオス・マリリス。コメットを唱えます。
どうみてもおばあさんですが間違いなく火のカオス・マリリスです。間違えるはずがない。
デスクローは攻撃のみ。

ボーンドラゴン

ボーンドラゴンは毒の息を吐き、攻撃もそこそこ強いです。

キマイラ

キマイラは炎に注意。

ここまでが洞窟の外で出現するモンスター。
洞窟に着くまでの戦いがすでにけっこうシビアです。

入り口付近にて

中に入るとこんな像が。

続いて洞窟内のモンスターを紹介。

クムクム

クムクムはデスキルを唱える危険モンスター。デスは単体に即死の魔法、キルはグループに即死の魔法です。
他のメンバーはともかく、レイズを唱えられるミンウが死の犠牲に遭ったら帰還するしかありません。

ちなみにFF99では教会での蘇生費用が安い(というか、DQ3と蘇生の寄付金が同額なので事実上値下げされてる状態)のでちょっとおトク。

ムーバー

ムーバーはサイレス、エアロ、エアロガを唱え、仲間を呼びます。

スカルミローネ

スカルミローネです。おそらくFF4の「土の四天王・スカルミリョーネ」かと思われますが7文字制限はどうしようもないので諦めてください。あと「ョ」がないっていう問題(「ポーシょン」問題)も実はある(あった)けど。
二回行動でサンダーを二連発したり、ゾンビを呼んだりします。
サンダー×2を食らうたびに「サンダラ一回でいいだろ」と思うのですが、四天王の一員としての意地があるんでしょう、きっと。

どうでもいい報告ですが洞窟を抜けるまでの間に彼らからサークレットを二個ほどもらいました。ありがとう土の四天王! 別にいらないけど。

ブルードラゴン

このダンジョンの難易度を格段に上げている元凶ともいえるモンスター、ブルードラゴンです。
二回行動で吹雪を吐きます。吹雪は弱い吹雪(ダメージ10くらい)とちょっと強めの吹雪(ダメージ50くらい)の2パターンありますが、強めの吹雪×2なんか食らった日にはパーティはボロボロですよ。
このブルードラゴンが3体出現することがざらにあります。なんとおそろしい。
対処法は、がんばる
……ええと、もし覚えていればキルサンダガを使うのがいいかと思われます。

トンベリ

なんと、トリノに潜んでいた(第10回参照)あのトンベリがふつうに出現します。
幸いにも単体出現のみなので、全力で総攻撃すればなんとかひとり死ぬか死なないかぐらいですむんじゃないかと思います。

ベヒーモス

ベヒーモスは、炎を吐いたり、サイレス、サンダラを唱えたりなど。


このパンデモニムの洞窟では「ざんてつけん」「リフレクメイル」といった貴重な武器防具が入手できます。
「ざんてつけん」は、使うと吹雪を起こす効果を持ち、かつ、装備すると会心の一撃とミスの出る割合が増える、という、DQ3の「ふぶきのつるぎ」と「まじんのオノ」を両者を兼ね備えた武器になっています。
いったいなぜそんな仕様に?
便利かというとそうでもないし。
あと「リフレクメイル」は受けたダメージの一部を敵に返す効果があります。

そんなこんなで非常にきびしいパンデモニムの洞窟。
そりゃレベルも上がるってなもんです。

橋を渡り……

きびしい敵たちをかいくぐり……

ついに来た!

死ぬ思いでなんとか通りぬけました。
目の前にはパンデモニム城、そしてその東にはほこらが。


さて、だいぶ長くなってきたので、今回は「無事通りぬけた!」ということで終わりたいと思います。
ではまた次回。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

FF99冒険記(21) 地球のへそ・あずさゲイト・幽霊船

前回までのあらすじ:ニセ王様をかるく倒して、へんげのロッドをもらった!

さっそくへんげのロッドを有効活用させてもらいましょう。

シルフの隠れ里にて

というわけでホビットに化けて人間嫌いのシルフのお店でお買い物。

エリクシャー50000ギル

エリクシャー50000ギル!
……は買わずに天使の指輪を買っておきました。

ここでなんとなくトロイアに重要なアイテムがあると天性のカンで悟ったとまとはトロイアへ。

地球のへそへ

ええーっ、ひとりでー?

ひとりで行け、ですってよ。どうしましょう。
行くけどね。

ふっ、ザコだぜ

敵はありくい……じゃなくてゴブリンやらドモボーイやらザコばかり。楽勝です。

引き返せ!

「引き返せ!」というざれごとを投げかけてきますが……

あおマテリアゲット!

無視してズンズン進み、あおマテリアをゲット!

ダイアアーマー

ダイアアーマーとかいう鎧も入手しました。

ささげればブルーマテリア

あいかわらず英語表現する巫女さん。


あずさゲイトにようこそ。

例の新しい町に寄ってみたところ、さらに発展して「あずさゲイト」という名前になっていました。
狩人が町をつくるなんて前代未聞なんじゃないでしょうか。あずさはスゴイなぁ。

(狩りを)やりすぎて反感を?

狩りのやりすぎで反感をかっているとか。え、違う?

狩り革命?

それって「狩り革命」ってこと?


しかしもう、あずさだけの町ではないのだ。

後日おとずれると革命はすでに行なわれていました。

あずさが昔オレたちの仲間だった……?

はっはっは、うそに決まってるじゃないかぼうや。(えー)

投獄されあずさ

あずさ……。

みんなのためを思ったのに

だから狩り場以外では狩りをするなとあれほど言ったのに……(違)。

ん、いすのうしろ?

いすのうしろ? いったいなんだろう?

きいろマテリアが!

なんとこんなところにきいろマテリアが!

やっぱりイエローに

やっぱイエローマテリアなのか。

あお、きいろのマテリアをささげ、いよいよ残るマテリアはあとひとつ!


というわけでコーリンゲンのじいさんのところへ向かいました。

へんげのロッドですよおじいさん

どうでもいいけどへんげのロッドですよおじいさん。

水の牙ととりかえっこ

幽霊船の位置がわかるという噂の「水の牙」ととりかえっこ。
しかしそれにしてもムチャな交換条件だなぁ。

なんでも言ってみるものじゃのう。

無理そうな要求でもとりあえず言ってみればなんとかなる。そんな人生の教訓を教えられたような気がします。
気のせいでしょうけど

どこだよそれ

さっそく使ってみる。
ええと南に……って、どこだよ。遠すぎてわかんねえよ。

幽霊船だ!

といいつつなんなく幽霊船を発見。

しょうたい??

船の上のモンスターたちはたいてい会ったことのあるやつばかり。
だったんですが一匹だけ新規のモンスターで「しょうたい??」っていうのが出てきました。名前どおり正体不明です。正体不明なんですったら。

ラストアーム

ついでなんで、まだ紹介してなかった気がするラストアームも紹介。
アイズの上位種で、ふだんは宝箱のふりをして隠れてます。
キルやアスピルを唱えるほか、仲間を呼ぶこともあるぞ!
一匹でもけっこう手強いラストアームなのに二匹やら三匹やらになったら手がつけられません。速攻で倒せ!


幽霊船の悪魔

さて、この幽霊船、この船室の一角でうろうろしているモンスターがいますが……。

うっかり話しかけると……

決してそのモンスターにこのようにうっかり話しかけたりしてはいけません。
もし話しかけると……

マスタトンベリ

出た! マスタトンベリ
かつて第10回で紹介したトンベリを覚えているでしょうか。
あいつも尋常ではない強敵でしたがこいつはそれよりさらに強いです。
決してカワイイ顔に気を許してはいけません。

強すぎる……

ううう、強すぎる……。

こうしてとまとたちは幽霊船の幽霊になった……

あわれ、とまとたちは幽霊船の悪魔にもてあそばれ、海のもくずと消えたのでした……。

とまとたちの冒険もここまでか……。


ま、さすがに危険を察知して事前セーブしておいたので平気でしたが、やはりたかが幽霊船とあなどれません。
みなさんも幽霊船でうろうろしてるマスタトンベリには気をつけてくださいね。

スコール(の幽霊)

嵐に遭って死んだとかいうスコールという青年(の幽霊)がいました。

せめて君だけは

なんかいろいろ言っていますが、正直リノアがどうとかどうでもいいです

ライオンリング入手

とりあえずライオンリングを入手。

次回はリノアの岬へ呪いを解きに向かいます……、って、どこでそんな情報を!?

リノアの岬

そういえばクーザーに向かうために旅の扉に入ったときにこのほこらにも来て、こんな情報を得た気もするなぁ。忘れてたけど。

というわけで、無事思い出したとまとは、リノアの岬へ向かうことにしたのでした。
次回に続く。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

FF99冒険記(20) 月の鏡は真実の姿を映し出す

前回までのあらすじ:エブラーナのネプト竜を倒した! 残るマテリアはあと三つだ!

先日、カラーひよこ愛好会さんからリンクされました。うひゃあ! ありがとうございます。FF99ってはやってるんですかね?

>(ちなみに今の時点ではまだ未クリアらしい)


はっ!
考えてみれば始まりが去年の8月……もうとっくにクリアしてていいはずです。なぜまだ未クリアなんだろう……?
まぁ、ストーリー知ってるだけに2ヶ月休んじゃったりしても平気なせいなんでしょうけど。(平気じゃねえよ)

さてFF99といえば「ポーシょン」です。
この「ポーシょン」と「ゴブリンがおおありくい」「最初に覚える(覚えている)攻撃魔法がボム」の3つが、序盤における「FF99三大ガッカリ」として広く知られているところですね(ホントかよ)。

で、このマヌケ表記を見かけるたびにつねづね「ポーシょンだけはなんとかなんねえかなぁ」とずっと思ってたのですが。

最近になって「メッセージ書き換え漏れとかなんとかオレの手で直せないかなぁ」と思っていろいろと改造やらなんやらについて調べ、しくみがだんだんと分かってくるにつれ、どうも不足してるカタカナフォントもなんとか追加できるんじゃないか、と気づいたんですね。で、やってみました。

ポーシょン→ポーション

おお、「ポーション」! というわけでなんとかなっちゃいました。


ちょっと専門的な話になりますが……。
もともとドラクエ3にはカタカナが全部そろってないくせに濁点付きの文字「じ」「ど」「だ」「ぶ」「ド」が用意されていたりするんですが――

おなじみドラクエ3>

えい、ドラクエ3画像貼っちゃえ。こんなふうに「コマンド」の「ド」とか「ぶき」の「ぶ」とかが濁点付き文字になってます。(分かる?)

町が

で、FF99だと、こんな風に「コマンド」が「いどう」になってたり、「ぶき」が「みき゛て」になってたり、いろいろ回避策が取られてるんですね。

なんで、てっきり「ド」とかはとっくに書き換えられてると思ってたんですが、実はなぜか書き換えられていませんでした。
なので書き換えたというわけです。
書き換え部分をリストにするとこんな感じ。


  • ぶ→ョ

  • じ→ュ

  • ド→ウ

  • X→チ

  • チ→F(元に戻した)



「だ」「ど」は「だれが」「どこへ」などがFF99でも使われてるのでそのまま。
「ぶ」「じ」「ド」はFF99では全然使われていません(厳密にいえば「ド」はちょっと使われてるけど)。なんで「せ」をひらがなカタカナ両用にしたりと涙ぐましい努力をしてるのにこれらは変えなかったのかな。
「X」はステータス欄の「EX」という表記にのみ使われている文字なので「Fをチに変えるよりマシだろう」ということで改造。その代わりにステータス欄の「EX」は「E」だけになりました。

いやー、これで「ポーシょン」にツッコんだり「ミンう」をバカにしたり「ナッツイーター チ」という表記にガッカリしたりといった日々から解放されるわけですね。よかったよかった。
まぁもうさんざんネタにしちゃったので今さらって感じですけど。


改造の話が思いのほか長くなったので冒険は適当にはしょって紹介します。

クーザーの南の洞窟に「月の鏡」というナイスアイテムがあると聞きつけたとまと一行はさっそく向かいました。

ギ.ナタタクとブラックプリン

ギ.ナタタク(ギ・ナタタク)は死んだモンスターに対してレイズを唱えるぞ! FF7に出てくる元の敵がボスなのにレイズで一撃で死ぬキャラだから逆にってことなのかな?
ブラックプリンはただのザコ。

アダマタイマイとアバイ

アダマタイマイ(8文字あればアダマタイマイなのに……)は甘い息を吐きます。
アバイはイレースを唱えます。何回か書きましたがイレースは敵単体の守備力を下げる魔法。

月の鏡ゲット

道中の苦労は思い切ってはしょってあっさり月の鏡ゲット! やったね!

というわけでこの真実の姿を映すという月の鏡を使ってニセ王様の正体をあばきましょう!

のん気に寝てる王様(ニセ)

のん気に寝てるのも今のうちだぜ!

なんとカガミには眠っている化け物の姿が映し出されている!

じゃじゃーん!

みーたーなあ?

けけけけけっ!

「みーたーなあ?」はやっぱり名ゼリフだなぁ。(どうでもいい)

アーリマン

なんと王様はアーリマンだった!

アーリマン……

……。
ええと、すいません
いつもは敵キャラの攻撃方法とかはちゃんとメモ取ってるんですが、ボスということで気がたかぶっていたのと、非常に弱かったのとで、どんなヤツだったか忘れました。(えー)
というか、こうして画像を並べてみて気づいたんですが、カインのHPとビビのMPしか減ってません。なんですかこのザコは。

へんげのロッド回収

というわけでへんげのロッドを回収。
っていうか、本物の王様から「お礼に変化の杖をあげよう」的な感じでもらうものと記憶していたのでこの回収方法にはちょっとびっくりしたんですが。それはSFC版DQ3のほうだったっけ?
それにしても、道中の苦労をはしょった結果、楽勝イベントだったかのようになってしまいましたが、そんなことはないんですよ。まぁいいけど。
というわけで、クーザー王を救い、変化のロッドをもらった(?)とまとたち。
次なる目的地はどこなのか。
ってことで、続く。


それにしても、アーリマン……。

FF99冒険記 (19) エブラーナの化け物退治

前回までのあらすじ:クーザーに訪れたとまと一行。そこではなんとニセの王様が悪事をはたらいていた……!

というわけで今回はエブラーナです。クーザー? 知らないな。
一応おさらいすると、みんなは「やまたのおろち」って呼んでるけどホントはやまたのおろちじゃない化け物がいて、いけにえをささげないといけないしきたり、らしい。
そのいけにえを決定しているのがエブラーナ王妃さま。この人はなぜかガイジン嫌い。
息子のエッジ王子とおぼしき像がなぜか屋敷前にたくさん建ってる

黄金忍者エッジ

エッジ像の意図は不明。

そんな感じです。

で、その化け物を退治するため、エブラーナの村のすぐそばにあるエブラーナの洞窟に向かいました。
日本っぽいエブラーナ

洞窟へ!

というわけで敵紹介です。

パプルババロアなど

パプルババロアは特に特徴なし。「パープルババロア」じゃないのは7文字までしか入らないからですね。
モスフングスは毒の息を吐いたりブラインを唱えたり。
フレイムドッグは炎を吐きます。

あとはケットシー、ベイガンなんかが出てきます。

そんなわけで適当に経験値かせぎしながら洞窟を探索。
あ、DQ3では「はんにゃのめん」が入ってたはずの宝箱がカラでした。むむむ。

化け物発見

じゃあさっさと化け物退治しちゃいましょうかね。

ネプトりゅう

なんと、みんなから「やまたのおろち」と呼ばれていた化け物はネプトりゅうでした!
どういうことなのかはさっぱり分かりません。謎です。
ネプトりゅうはFF3に登場する敵なので、FF4に登場するエブラーナ王国とは全然関係がありませんし。

まぁいいか。

実はちょうどビビがバーサクを覚えたばかりだったのでさっそく有効に活用させていただきました。
バーサクといっても制御不能になったりはせず、攻撃力が高まる効果だけを得られます。ありがたや。

バーサクのおかげもあったのか、どうもネプトりゅう君も二回攻撃に炎にと攻撃面はけっこう激しい割に体力のほうがあまりないらしく、意外にあっけなく倒してしまいました。

変な魔法陣

で、倒したと思ったら変な魔法陣の中へ。
とまとたちも竜を追って中へ入ります。

ケガを負った王妃さま

どこだろうねえ

なんと、王妃さまのお屋敷にワープしてしまいました。
王妃さまは重傷を負っている様子。

出ていけってか

お付きの者はこういっていますが……。

ホントの姿がネプトりゅうなのかよ

この人はホントはネプトりゅうなのに「わらわ」とか言ってるんですか?

黙っておとなしくしろだと!?

そうはいくか!

つい「いいえ」と返事してしまいましたが、よく考えたらこの場では「はい」って言っといてあとでみんなに言いふらせばなんなく勝てる気がします。

というか別にどこか近くの宿屋で一泊してから挑むのも全然アリなんですが、このときはたいして苦戦しなかったおかげでMPに余裕があったのでHP回復だけすませて連戦を挑みました。

なんと王妃はおろちだった!

すいません、すんなり勝っちゃいました
やっぱコイツ弱い……? 元のDQ3だとレベル22じゃちょっと厳しい感じだったよねぇ……?

あと「なんと王妃はおろちだった!」って言ってますが、ネプトりゅうです
まぁ噂って誤解を伴って伝わるもんだしね。しょうがないしょうがない。

ピンクマテリア

ピンクマテリア獲得! 王妃さまが隠し持っていたのでしょう、たぶん。

やまたのおろちじゃないってば

やまたのおろちじゃないんだけどなぁ……。

本当の王妃さまは……

あれ、本当の王妃さまはおろち(ネプトりゅう)に殺された?
ルゲイエっていう博士に化け物にされたんじゃないの?

さて、ピンクマテリアをシルドランドの神殿にささげに行きましょう。

ピンクマテリアをささげるぞ

ピンクマテリアをささげるぞ! えい!

パープル?

あれ? ピンクマテリアをささげたはずがパープルマテリアになってるぞ?
ピンクとパープルじゃ色が違うじゃないか!


まぁ、きっと飛竜の巫女たちにとってはピンクとパープルの違いなんてたいした問題じゃないんですよ。そうに違いない。うんうん。

そんなわけで、ピンク(パープル?)マテリアをゲットし、ささげたマテリアはあか・みどり・ピンク(レッド・グリーン・パープル?)の計3つ。そして、残りも3つ。
残りのマテリアはいったいどこに?
あと、クーザーのニセの王様の件も未解決だぞ! 忘れるなよ!

次回に続く。

町が

あずさ? ああ、あずさか

そうそう、狩人あずさの町がちょっと発展してました。

続く。

FF99冒険記(18) クーザーの城

前回までのあらすじ:ゾットの塔で勇気の証をゲットしたとまとたち! でも、特に転職する気はないのであった。
いや、転職したほうがいいのは分かってるんだけど、なんとなく。


そんなわけで、いつのまにかこのサイトがGoogle八分(Googleで検索してもヒットしなくなること)になってたわけですが、みなさまいかがおすごしでしょうか。
前までは「FF99」でググると上から5番目くらいに出てたんだけどなぁ。
なんかいつのまにか検索しても出てこなくなったんですよね。「FF99冒険記」で検索しても出ないし。
まぁいいか。

このサイトがいつのまにか消えてたら「ああ、なんか著作権違反がどうとかそういうアレだな」とか適当にお察しください


さて、とまとたちが旅を続けていると、こんな情報が得られました。

クーザーの王が

勇者ガラフが追放?

クーザーというのはどうやらFF5の「封印城クーザー」のことらしいです。王なんかいたっけ? 封印の石版があるところじゃないの?
ともあれ、勇者ガラフというのが気になります。てか、勇者?

というわけでいざ、クーザーへ!

クーザーへの道中はけっこう複雑なんですが、かんたんにいうとサマンオサへの行きかたと一緒です。
ってことで、道のことが非常によく分かったところで敵紹介。

スレイプニルとアイアンクロー

スレイプニルはブラインを唱えます。アイアンクローは打撃のみ。

マスターノーグと雷神

マスターノーグはブリザラ、スロう、サイレス、バリアなど多彩な術攻撃を得意とします。
らいじんは「雷神」という名前の割に攻撃のみ。サンダーとか使わんの?

ケルガーよお

クーザーについたところ、お葬式がおこなわれていました。
ケルガーというひとが亡くなったようです。
なお真ん中にある変な火の玉はパーティの仲間が死ぬと出てくる亡霊みたいなやつで、要するにドラクエでいうところの棺おけです。

王様の悪口を言うと死刑

ケルガーは王様の悪口を言ったために死刑にされてしまったようです。
「暁の4戦士」のひとりにしてはしょっぱい死に方です。
悔やんでも悔やみきれないことでしょう。

サークレット、売ってた

前回紹介しましたが、なんとサークレットが商品になってます。
けっこういい防具なのでぜひ買いましょう。

しかし、8000ギルで売ってるってことは逆にいうと6000ギルで売却できるってことですね。安い王家の秘宝だなぁ。

ガラフの息子

たぶんこの人の娘の名前はクルルだと思います。娘がいるかどうか知りませんが。

クーザーのお城

お城に行ってみました。
正門は入れてくれないので勝手口から入ります。

確かにあやしい

どこからって勝手口からだよ!
「あやしいやつ」には特に反論はないです

引っぱられカイン

牢屋へ連れていかれる一行。

牢屋へ

入れられちゃいます。

でもしんぴのかぎで開いてしまうんだよなぁ、鉄格子……。
持ってるカギで開いちゃう、って「とつぜん牢屋に閉じこめられてしまう」系のイベントの中でもいちばんしょうもない脱出方法なんじゃないか。ミニマムで脱出、とか壁を爆破、とかもっとこう……。

とかいってないでさっさと出ましょうかね。

ガラフがほこらの牢獄で死んだ、とか南の洞窟には真実の姿を映す「月の鏡」というものがあるらしい、とか情報を得つつ、さっさと脱出。

本物の王が

こんなところに本物の王様が。
今の王様は変化の杖で化けてるのだとか。ふむ。

脱出!

ってことで、無事脱出!

では「月の鏡」を求めて南の洞窟へ! ……となるのがふつうの進めかたなんだろうけど、この冒険記では次にエブラーナの洞窟へ向かいます。
なんだかいいかげんな進めかたで申しわけない。


日本っぽいエブラーナ

エブラーナ。(再掲)

そういえば、第15回でも紹介しましたが、じいさんがこんなことを言っていました。

やまたのおろち

やまたのおろちは恐ろしい化け物じゃ!」

だが……。洞窟の奥にいたのはやまたのおろちではなかった!!!

ま、エブラーナのボスだけモンスター名を変更してないなんてかえって変ですからね。メッセージの書き換え漏れはときどきあるとはいえ。

じゃあいったいボスは何者なのか、ってそれは次回で。
続く。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

FF99冒険記 (17) ゾットの塔

前回までのあらすじ:みどりとあかのマテリアを入手し、飛竜復活に一歩近づいたとまとたち。残りのマテリアは、あと4つだ!

って、気づけば一ヶ月も休んでましたよ。いやーすいません。それとあけましておめでとう(遅)。

今回はゾットの塔へ行ってみました。

ゾットの塔

ここでの新モンスターは……

ゴールドル

金ピカに輝くゴールドル。ケアルを唱えます。

エルノーイル

エルノーイル。炎を吐く攻撃をしてきます。

他の敵はベクタやしれんのしろ周辺に出てくるやつのようです。

ゆうきのあかしゲット!

そんなわけでいろいろあって勇気の証をゲット!
ねずみのしっぽじゃないのね。

というわけでみごと勇気の証を手に入れたとまと一行!
さぁ次はいったいどこへ? ってなわけで、次回に続く。


……って短っ!

しょうがないのでみんなのレベルが20になった記念にステータスを紹介します。

とまとL20

とまとL20魔法

ナイトこと勇者とまと。カタストはドラクエでいうところのトヘロスの呪文です。なんでカタストなんだろう。

カインL20

竜騎士カイン。とまとと同じ装備なのに防御が16低いカイン。なぜかとまとより最大HPが10低いカイン。

ミンウL20

ミンウL20魔法

白魔導士ミンウ。専用防具である白のローブを身にまとっています。

ビビL20

ビビL20魔法

黒魔導士ビビ。なにげに他3人より経験値が221少ないぞ(今気づきました。あれー?)。
ブリザラとサンダラでバシバシ敵をやっつけろ! でもサンダラは賢者の杖(使うとサンダラ)(ドラクエでいういかずちの杖)があるから実は使わないんだけどね。

この装備で見ても分かるようにここまでサロニア王家に伝わるサークレットをずっと持ち逃げしてきたビビですが、ここで驚きの事実が発覚。
それは次回に。


……と思ったけど紹介しちゃえ。

サークレット、売ってた

なんと、サークレットがふつうに店で売られています。意外にお手ごろ価格。

いやーまさかふつうに売ってるなんてびっくりですねー。
じゃあ次回はこの町のこととかやります。
ってことで、続く。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。