FF99冒険記

FF99(FINAL FANTASY 99)冒険記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FF99冒険記 (4) サロニア~トーザス

前回までのあらすじ:ついにサロニアにたどり着いたとまと一行。するとサロニアの王様に「グツコーからサークレットを取り返してくれ! そしたら勇者として認めてあげる」とお願いされた! ナイトなのに! どうするナイトとまと!?

まぁぶっちゃけ無視してもいいんだけど、せっかくなので引き受ける事にしよう。

グツコーの居場所

グツコーはオーエンの塔にいるらしい。

いきなりオーエンの塔に乗り込んでも勝てるかどうか怪しいので、とりあえず北のトーザスの村に向かいます。

闘技場
どうでもいいけど闘技場に来たら聞いたことのないモンスターが出てました。

ここでサロニア周辺に出てくる新モンスターたちを紹介。

ドモボーイ
リカオンは遭遇済みですが新たにアリクイドモボーイというモンスターが登場。たまにケアルを使ってきます。

フンゴオンゴ
シルバリオは常に一匹狼なのかと思ってたのにこっちに来たらふつうに集団で出てきました。サギだ(えー)。
それはさておきフンゴオンゴです。スリプルを唱えて眠らせてくる要注意モンスターです。

キーストーンって?
北に向かう途中で見かけたほこらより。キーストーンって何かね?

トーザス
トーザスの村に着きました。

おかしいなぁ、小人族が見当たらないぞ。トーザスなのに。
まぁいいか。

どくばり
この村では昔、「急所に当たれば一撃必殺」の武器、どくばりを売っていたらしい。

道具屋
売ってないなぁ。さんごのつるぎを売ってるけど。

この道具屋にある宝箱が非常に怪しいので夜まで待ってこっそり忍び込んでみましょう。

…そして夜…。

アサシンダガー
宝箱ゲット! アサシンダガーを見つけた! アサシンダガー?

なんということでしょう。どくばりが入ってると思っていたらアサシンダガーが入っていたなんて!

さっそくくろまどうしビビに装備させて使ってみます。

どくばり!
やっぱりどくばりだった!!! アサシンダガーじゃなかったの!?
謎が謎を呼ぶ神秘の武器、アサシンダガー。

  • 普段の姿:アサシンダガー

  • 急所に当てる時:どくばり


ってことでしょうか。すごい! 生命の神秘! ウソ。

そんな神秘の武器もあるトーザス周辺の新モンスターたち。

ソードラットとピロリスク
どうみてもカニだけどラットを名乗るソードラットはたまに麻痺攻撃をしますがそれほど強くはない感じ。
ピロリスクはスロうを唱えてくるぐらいしか特徴のないザコです。

ナッツイーター
ナッツイーターは小さいボディのくせにそこそこ力もあり、しかも仲間を呼ぶ結構厄介な敵です。

ナッツイーターチ
出た! ナッツイーターチ! 前にも言ったとおりFF99では「F」が「チ」になってるのでグループ敵は順に「ABCDEチGH」になります。

ジャンピング
ジャンピングの特技は二回攻撃。


そんなわけでしばらくこの辺をうろうろして経験値を稼ぐことに。

ミスリル武具屋
目標はナイトとまとと竜騎士カインにミスリルの武器防具をそろえることでしょうか。

あとどうでもいいけど
てつのつめ
この人「てつのつめ」を使ってたらしいんだけどこの村の店で売ってるのってメタルナックルなんですよね。
…さすが神秘の村!(えー)

そんなわけで、続く。
スポンサーサイト

FF99冒険記 (3) コーネリア脱出

・前回までのあらすじ
リチャードの息子とまとは魔王ザンデを倒すためコーネリアを旅立った。そして、がれきの塔の老人から「ふるいカギ」をもらったのであった…

どうでもいいんですが、とまとの職業は「ナイト」なのに、会う人会う人みんな「ゆうしゃ」「ゆうしゃ」と呼びます。どういうことですか?

そんなことを気にしつつも、さっそくもらったカギで先を目指さねばなりません。

ニトロのかやく

旅の扉

カナーンの村に「ニトロのかやく」というものを作れる老人がおり、それがあれば旅の扉の封印が解けるらしい。さっそく行ってみましょう。

クエッ!
チョコボ発見。クエッ!

ニトロのかやくゲット
ということで、チョコボを飼ってる変なじいさんの家に勝手におじゃましたところ、「話はすでに聞いておる」とか言われ、ニトロのかやくをもらうことができました。届けに来てくれればいいのに。

そんなこんなで旅の扉の封印を解くことができるニトロの火薬を手に入れ、次に目指すは「いざないの洞窟」。



いざないのどうくつ

いざないの洞窟へ行くとじいさんが「階段は石壁で封じられておる」と教えてくれますが、こっちはニトロの火薬をすでに入手済み。さっさとぶっ壊します。

封印
ニトロのかやくセット
爆発
壁が壊れてみごと通れるようになりました。
しかし壁でふさいだのを『封印』っていうんですかね?

さて、このいざないの洞窟に行くまでの道中にソーサラーという手強い敵に出会いました。

ソーサラー

ボムを多用してくる強敵です。
ボムって何かね?」とお思いでしょうが、魔法です。単体に10ポイントほどのダメージを与える魔法で、黒魔道士が最初から覚えています。

今まで覚えた魔法をざっと挙げると、

  • 黒魔道士


    • ボム:単体に10くらいのダメージ

    • プロテス:単体守備力アップ

    • ブリザド:単体に30くらいのダメージ

    • サンダー:1グループに20くらいのダメージ (上の画像の頃はまだ覚えてないけど)


  • 白魔道士


    • ケアル:単体を30くらい回復

    • デジょン:敵を消し去る

    • ヘイスト:すばやさが上がる

    • ブライン:1グループを幻につつみこみ、命中率を低下させる


  • ナイト


    • ボム

    • ケアル

    • デジょン

    • テレポ:今まで行ったことのある街へ移動できる (これも上の画像の頃はまだ覚えてなかった)




という感じになっています。
FFに「ボム」なんて魔法あったっけ? 「ファイア」は? って思ったんですけど、たぶん「ファイア」は「ァ」の字がDQ3にはないので出す事ができず、代わりに「ボム」になったんじゃないかと思われます。でも変だよね

あ、ヘイストは攻撃回数は上がりません


リカオン
リカオンは仲間を呼ぶのが特徴。

リカオン チ
で、上の画像はリカオンFがリカオンHを呼んだところなんですが、もともとDQ3には「チ」の字がないためにFF99では「F」に「チ」を割り当ててるので「リカオン チ」になってるんですな。
ま、変だけど気にしちゃダメ。ってことで。

シルバリオ
一匹狼シルバリオ。たまに毒攻撃をします。

ということで、敵を蹴散らし突き進み、道を忘れててけっこう迷ったり、毒消しが切れて街に戻る羽目になったりしつつ、なんとか旅の扉まで到達。


扉にFF99
どうでもいいけど扉にさりげなく「FF」「99」って書いてありますね。

旅の扉
なかなかおしゃれな旅の扉です。

旅の扉で移動中
みょ~ん、みょ~ん…。

サロニアだ!

やった! ついに新しい街、サロニア城に着きました!


トーザス…オーエン…?
オーエンの塔…ふむふむ。

グツコー…サークレット…?

王様に会うと突然「グツコーにサークレットを奪われた! 取り返してくれれば勇者と認めよう」などと言われました! ナイトなのに! どうやらまた新たな目標ができたようです。
冒険の旅はまだまだ続く…以下次回へ!

FF99冒険記 (2) がれきの塔へ

さて、ナイトとまと一行はコーネリアの北のカナーンの村にやって来ました。

カナーン

FF3の名曲「隠れ村ファルガバード」が心地よく響きます。

っていうか前回書き忘れてましたがFF99では曲が全てFFの曲に書き換わってるんですね。
今のところの主なものを挙げると、


  • 街:FF2「街」

  • 城:FF2「古城」

  • フィールド:FF外伝聖剣伝説「果てしなき戦場」



という感じ。フィールド曲が聖剣というのがこのゲームのもっとも重要な要素ですよ。たぶん。
DQ3の曲書き換えはFF99の作者にーの氏の神がかり的な技術とたゆまぬ努力の結晶によるものだとか。まったく頭の下がる思いです。

さて話は戻って、ナイトとまと一行は「がれきのとう」に向かうことになりました。

がれきのとう

DQ3でいうところのナジミの塔ですね。「岬の洞窟」の名前はそのまんまみたい。

ドア

ジタン

盗賊ジタンです。牢屋に投獄されてます。カギは奪われたそうです。

ってこの辺の話もDQ3と一緒なんでいちいち説明しなくてもいいんだけど、ジタンとか出てくるので一応。
というわけで老人にカギをもらいにいきましょう。

岬の洞窟の宝箱を回収したり、カナーンの村の南のあからさまに怪しい草原の入り口の宝箱を回収したりして経験値を稼ぎつつ、いざ塔へ。

デブチョコボ


塔についたらなぜかデブチョコボに出迎えられました。

出会ったモンスターメモ。

スライム
DQ3とは色の違うスライム。

バイトバグ
なぜかよく逃げる。

ギガントードとホーネット
ホーネットは毒を持ってるので要注意。

ハンドレッグ

こいつはブラインを唱えます。

メズマライズ


ってことで、ホーネットの毒に苦しめられつつもなんなく最上階へ。

カギ

老人から「ふるいカギ」をもらいました。
このカギで今まで開けられなかった扉を開ける事ができる! というところで、次回に続く。

FF99冒険記(1) 旅立ち

FF99冒険記ってどこかにあるかと思ったけど意外とないようなのでここでこっそり始めてみることにしました。

FF99については http://www.geocities.co.jp/Playtown-Bingo/2392/FF99.html へ。

というわけで名前を適当に「とまと」と名づけていざ冒険の旅へ。

とまと

なんで「とまと」なんて名前つけたんだこの母親は。全く。

さて、FF99のストーリーは基本的にDQ3と同じです。まずは王様に会いに行きます。

王様

なんと! とまとはリチャードの息子だったとは! …リチャードって誰だっけ? FF2?(←実はあんまり知らない)

ふむふむ、リチャードは志半ばにして火山の火口に落ちて死んでしまった、リチャードの意志を継ぎ、「魔王ザンデ」を倒してこい、と。

敵は魔王ザンデですよ! 父の仇を討つべくぜひとも倒さなくてはなりません。どうせ倒しても後でクローン出るんだろとか言っちゃダメなんです!

カイン、ミンウ、ビビ

とりあえず「ダリルの酒場」に赴き、そこに最初から登録されていたカイン、ミン、ビビを引き連れていざ、出発!
(注:「う」がひらがななのはDQ3にカタカナの「ウ」が無いから)

敵

さっそくFF99最初の戦闘です。敵はダイブイーグルとゴブリン。ダイブイーグルはともかくゴブリンはおおアリクイにしか見えないかもしれませんが間違いなくゴブリンです。間違うわけが無い。

そんなこんなでアリクイゴブリンたちを難なく蹴散らしていき、順調にレベル2まで上げました。

ところでゴブリンは一体につき1の経験値と8ギルをくれますが、「じゃあゴブリン一体倒せば薬草ひとつ買えるの?」というとちょっと違います。

ポーション

ごらんの通りポーシンひとつで50ギルかかるので、DQ3のつもりで「わーい300ギルたまったぞ」とか思ってるとかえって損した気分にさせられます。
(注:いちいち言うのもアレなんだけど「ょ」がひらがななのはDQ3に「ョ」がないから)

ってことで今日はこの辺で。

そうそう、
コーネリア

町の名前はコーネリアだそうです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。